ドキドキお撤去の当を読んだ。ストーリーは簡略。

思いっ切り長く書く義務あるのか?
自分がときめくものを記しましょう。そうでないものは捨てましょう。
ただそれほどなのに、大量のWEBにした図書。長過ぎる。
ボクはそこまでじっと図書を読ん現れるお忙しいのよ。
ページを読んでいると、1000キーワードぐらいで終える物体もほとんどだから、
図書は、長すぎる。一行で取り止めるものを、何WEBにも渡って書いている。
そりゃ、図書も売れなくなるわなあ。
断捨離の文庫本も、長い。
エレメントだけで良い。もしくはウェブログ。
集会に行くひつみたいもない。自分でかなぐり捨てる。
カレン・キングストンのガラクタ捨てれば自分が感じる、は良かった。
スピリットの失調さが、ルームの失調さにあるという言動。
譲る言動の大切さ。ものに囲まれなくとも暮らしていけるという連絡。
でもボクは、ミニマリストにはなれないな。
コーヒー、クズカバン、紅茶、トイレットペーパー、ボディソープ、ラーメンなど
使い捨てをおかないといけないから。ミュゼ 料金 プラン